ファー3D

毛皮の帽子について

毛皮の帽子は、最近でこそ見かける事が多いですが、一昔前の日本ではあまり馴染みがありませんでした。 それは毛皮で作ると、膨張したり形が崩れたりと技術が進んでいなかったのもありますし、抜け落ちた毛が髪についたり絡まったりと不評だったからです。 また寒さを和らげる効果として帽子はあまり意識されて来ませんでした。コートや手袋などで身を守る事が優先で、帽子はデザインが重視であり防寒の意味はあまり知られてはいなかったのです。 しかし極寒の地ロシアなどでは古くから毛皮の帽子が存在し、かぶらないと生活出来ないほど日常的に使われていました。そうした文化が日本にも伝わり、頭を防寒することの大切さを知りだんだんと毛皮の帽子が普及してきたと言われています。 毛皮の品物はなるべく毛が落ちにくいムートンなどの素材で出来ているのが多くあります。チンチラやミンクで出来た高級でゴージャスな帽子も人気があり、静電気が起こらないようにも配慮されている商品が多いようです。