ファー3D

毛皮のバッグを手入れする方法

毛皮のバッグはホコリがついてしまいやすく、一度外出しただけでも多くの量を吸い込みます。ホコリが付いたまま毛皮のバッグを放置していると毛が抜けてしまう原因となるので、定期的に優しく叩いてホコリを落としましょう。そして、熱にとても弱いのでアイロンなどをかけた場合、皮まで熱が加わると収縮が起こり破れや硬化につながることもあります。なかなかシワをとることができない場合はプロに相談するのがおすすめです。 雨での外出で毛皮のバッグが濡れてしまった場合はすぐに水を切って、綺麗なタオルで丁寧にふいて日陰で乾燥させましょう。もし皮まで水でぬれている場合は早めに購入した場所やクリーニング店に持って行き相談をしましょう。水分を吸ったまま皮を放置していると硬くなって破れることがあります。 自宅で長期保管をする場合は、害虫がつかないように手入れをして汚れを落としてから日光や蛍光灯が当たらない場所に防虫剤と置いておくと安心です。